HIROAKI Official BLOG

「ときに歌い・ときに演じる・東京は下町生まれの
エンターティナー!!!」
RockBand【M.I.W】Vocal・HIROAKIのBLOG








<< チェーンだからって馬鹿に出来んよ!!な蕎麦屋「そじ坊」さん。・・・からの!! | main | Kouhey(鋼兵)SoloLiveにHiroaki☆・ギタリスト出演決定!! >>
アイルトンセナ 〜音速の彼方へ
0
     いよいよ、魔の「HardRockGang月間」に入りつつあります、裕明です。


    来月の14日(日)ですからね〜、時間がない〜!!


    とりあえず、恒例のHardRockGangセッション曲のレコーディングに追われております。


    毎回、J-popをハードロックの曲(ギターリフ)と合体させてしまうという趣味まるだしコーナー!!!


    今回は・・・


    前回の嵐「MONSTER」に続いて、またもジャニーズさんで攻めようかと。



    堂本剛さんと国分太一さんが組まれたあのユニット・・・



    できたら振り付けも踊りたいかなと(笑)!!



    まあ、そんなこんなでバタバタしてますが、時間を作って映画を観てまいりました。



    「アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ」公式サイトはこちら



    ’90の最終戦オーストラリアGPからF1を観始めた私としては、アイルトンセナという人は偉大すぎる人物なのです。


    ’91はマクラーレンで当時、前人未踏の開幕4連勝を成し遂げ、追いすがるマンセルを振り払い、3度目にして最後のチャンピォン獲得。


    ’92はマクラーレンの不振・ウィリアムズの最強マシンの前にまるで歯が立たず開幕5連敗。


    そのなか、残り8周からのウィリアムズ・マンセルとの凄まじいバトルを制したモナコGP。


    三宅アナの「どんなにしても抜けない!!ここはモナコ!!モンテカルロ!!絶対に抜けない!!」の実況が、記憶に残っております。


    が今も記憶に残っております。

    ’93もウィリアムズ優勢のなか、非力なマクラーレンでブラジル・ドニントン・モナコ等々、神がかった走りを多々、魅せてもらいました。


    もしかしたら、この’93がアイルトンのドライバーとして成熟してたベストシーズンかもしれないな、と思うわけです。


    ’94・サンマリノGPで事故死した日、そのレースをいつものようにフジテレビで観てました。


    冒頭に三宅アナが「アイルトンセナがタンブレロコーナーでクラッシュ、怪我を負った模様」


    という内容を話したあと、再スタートのレースが放送。


    しかし、放送後まもなく、画面上にニュース速報が流れ・・・


    そこにはアイルトンセナが亡くなったとの文字。


    最速のドライバーが最高のマシンに乗って事故死する、本当に信じられない出来事でした。


    この後、ミハエルシューマッハの台頭〜ライバル・ヒーロー不在の時代を迎え、しばらくF1は転換期〜過度期に入るのです。


    ’95〜のF1も観ていたけど、ハッキネンが台頭する’98くらいまでイマイチアツくなれなかった事を思い出します。


    ともかく、天才レーサーの人生を描いたすばらしいドキュメント映画に仕上がっていて、大画面に映し出されるアイルトンの走りや、秘蔵映像を見ながら涙してしまいました。


    F1をイマイチ知らない方も、世界中で愛された偉大なスポーツマンのドキュメンタリーとして観れるのでぜひ☆


    さて作業再開じゃ〜。

    | 「ときに歌い・ときに演じる・東京は下町生まれの | F-1関連 | 23:00 | - | - | -
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - | -
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>